「敷金・補償金・礼金なし」北海道の賃貸を沿線から探す

2016年3月予定の北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)の開業で、本州と北海道はますます身近に便利なります。ところが一方で鉄道旅行愛好家には哀しい現実が待ち構えていました。日本を代表する豪華寝台列車「北斗星」の廃止が決定したのです。「北斗星」の運行開始は1988年。青函トンネルの開通と時を同じくし、上野駅~札幌駅間を東北本線・いわて銀河鉄道線・青い森鉄道線・津軽海峡線・函館本線・室蘭本線・千歳線を経由して開業。日本初の豪華寝台特急としての華々しいデビューを飾りました。走行距離1,214.7kmは、JRグループ運行の定期旅客列車として最長距離。食堂車ではフルコースのディナーが提供され、車窓を流れる四季折々の自然美は、極上の日本絵画を見るかのよう。鉄道旅行の最高峰の名をほしいままにしてきましたが、電圧の異なる新幹線と青函トンネルを共同で使用することができないことや、車両の老朽化なども加わり、ついにダイヤ改正が決定しました。