「敷金・補償金・礼金なし」埼玉県の賃貸を沿線から探す

本線の全線完乗におよそ2時間もかかりながら、起点から終点まで一度も埼玉県を出ることのない長~い路線、それが秩父鉄道です。東武鉄道・伊勢崎線も乗り入れ、秩父本線の接続駅となる羽生駅が出発駅。その後、埼玉県という地名発祥の地(万葉集に『さきたまの津』と記述)となった行田駅を通過。熊谷駅や寄居駅などを経て、荒川上流部の渓谷で国指定の名勝・天然記念物の長瀞渓谷を有する長瀞駅に到着。夏場には1日の乗降客数が格段と増える人気駅。その後も県内をひた走り続け終点の三峰口駅まで全35駅、71.7kmの工程。長い路線だけあって車窓は田園地帯や新興住宅地、そして山岳路線と変化に富んでいます。また都心に一番近いSL急行「パレオエクスプレス」や急行「秩父路」の運行など、趣向を凝らした運転形態で一年を通じ話題に事欠きません。