高知県の賃貸マンションを沿線から探す

高知県民は昔からJRを汽車と呼んだり、電車と言えば路面電車をさすのが一般的で、県民は愛着を込めて「とでん」(土電)と呼び合います。2014年、この「とでん」の愛称を受け継いだ鉄道会社が誕生しました。土佐電気鉄道と高知県交通、土佐電ドリームサービス3社の事業統合により生まれた「とさでん交通」です。現在、高知市・南国市・いの市で伊野線、後免線、桟橋線の3つの路面電車を運行しています。ちなみに後免線の清和学園前駅~一条橋駅間の隣接駅間距離はたったの87mしかなく、日本で一番短いことで知られています。また伊野線は二車線の道路の片側に軌道が敷いてあり、伊野方面に向かう際は右側通行になるので車が避けてくれないと進めなく、とても狭い道を走るために警笛を鳴らし続けます。ICカードも使用できますが、カードの名前を『ですか』といいます。なんともユニークなネーミングですが、電車の"で"にバスの"す"、そしてカードの"か"を組み合わせて「ですか」にしたということです。ストレートでわかりやすく、とてもいいじゃないですか!

住みたい沿線を選択してください