大阪府の賃貸マンションを沿線から探す

駅のホームにあるものといえばベンチや自動販売機、待合室ですが、京阪鉄道京阪本線の萱島(かやしま)駅には、推定樹齢700年の楠(くすのき)が、ホームと屋根を突き抜けて生えています。萱島駅は天満橋駅からの複々線区間が終わる駅で、ホームは2面4線。楠はその淀屋橋駅方面の3・4番ホームに生えています。まるで串刺しのような不思議な光景ですが、一体どうしてこうなったのかといえば、萱島駅の高架下には萱島神社があり、もともと楠は神社の御神木だったのです。京阪本線の高架・複々線化に際し、市民から伐採を中止する声が上がり、ならばホームと屋根を突き抜けてでも保存させよう!ということに。萱島神社には今も地元企業や個人名がついた柱や提灯が数多く並び、受験シーズンともなればたくさんの絵馬が掲げられます。萱島駅から徒歩0分という立地でもあり、遠方からお参りに訪れる人も多い人気の神社です。